【開催報告】 第7回SDGsソーシャル・ビジネス・ネットワーキング・ラボ 

2021/08/26(木)14~16時 オンライン(Zoom)開催にて無事終了致しました。

今回で7回目の開催となりました、九州大学SBRC主催、SDGsソーシャル・ビジネス・ネットワーキング・ラボでは、
企業としてSDGsに沿って、どういった取り組みをすべきかを模索中、あるいは検討中の企業様を主な対象に、

前半は、ゲストプレゼンターとして

株式会社ボーダレス・ジャパン代表取締役社長 田口一成様と
SDGパートナーズ有限会社代表取締役CEO 田瀬和夫様のお二方をお迎えして開催致しました。

田口一成様からは、「年間10社のソーシャルビジネスを生み出す仕組み」
田瀬和夫様からは、「SDGsサンドイッチ思考とはなにか」のタイトルで
それぞれ約15分間のプレゼンテーションとQ&Aとして参加者の皆様と質疑応答をして頂きました。

参加者の皆様からは、
「途上国の現場で、識字や計算能力に乏しい方をビジネスにどのように巻き込んでいけばいいか、またはそのためにどのような工夫をすればよいか」
「起業のヒントや着眼点について」等の質問がありました。

後半は、
パネラーとして田口一成様、田瀬和夫様の他に、
岡田昌治(九州大学SBRCエグゼクティブ・ディレクター/特任教授)とアハメッド・アシル(九州大学SBRC複担教員/システム情報科学研究院 准教授)、
ファシリテーターとして、
星野裕志(九州大学SBRCセンター長/経済学研究院 教授)が参加し、
「SDGsがもたらす全く新しいビジネスの思考」をテーマにパネルディスカッションが行われました。


お忙しいところ、ご参加頂いた皆さまには感謝申し上げます。
SDGsに関する実践のために、何らかのヒント・啓発がありましたら幸いです。

次回の開催について、詳細が決まりましたらご案内差し上げます。
どうぞよろしくお願い致します。
 

 ゲストプレゼンター&パネラー

 

田口一成様

(株式会社ボーダレス・ジャパン代表取締役社長)

田瀬和夫様

(SDGパートナーズ有限会社代表取締役CEO)

 

パネラー

 

岡田昌治特任教授

(九州大学SBRCエグゼクティブ・ディレクター/特任教授)

アハメッド・アシル准教授

(九州大学SBRC複担教員/システム情報科学研究院  准教授)

 

ファシリテーター

 

星野裕志教授

(九州大学SBRCセンター長/経済学研究院 教授)