日本語 English

YUNUS&SHIKI SOCIAL BUSINESS RESEARCH CENTER

SBRC活動概要①:研究

学術研究

● SBRCの活動の4つの柱のうちの1つで、以下のような取り組みを行っています。

・ソーシャル・ビジネスに関する人文系、科学技術系学部融合の学際研究の実施

・海外のユヌスセンターやグラミングループと連携したニーズ主導型技術開発研究の実施

・産学連携による新しい技術開発の方法論に関する研究等

Yunus Social Business Academic Network / Academia Conference

1.背景
ユヌス博士が2006年にノーベル平和賞を受賞して以来、グラミン銀行をはじめとするグラミン・グループ企業やユヌス博士の活動に世界中から注目が集まり、活動の多様化に伴うグラミン・グループ企業と多国籍企業の連携、大学・研究機関との連携、世界各国における各種プロジェクトの展開等が進みました。そのなかで、ユヌス博士が構築するグローバルネットワークにおいて、2009年以降とくに活発化した世界各国の大学・研究機関に所属する有志メンバーがユヌス博士からの発案に応じる形で、ユヌス・ソーシャル・ビジネスに関する諸研究や議論、教育プログラムの開発をグローバルレベルで相互に連携しながら進めていく機運が高まりました。 

2.Social Business Academic Network
日本では唯一の拠点として九州大学にユヌス&椎木ソーシャルビジネス研究センターを設立(2011年)したように、世界中でユヌス・ソーシャル・ビジネスの研究・普及のための研究機関・組織が設立され、現時点で各国39機関に広がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

【 グローバル・アカデミア・ネットワーク 主な参加大学・研究機関 】
GCL @Kyushu University in Japan / GCL @National University of Singapore / Y7Y Design – Istituto Europeo di Design / European Business School / The California Institute for Social Business / Hult International Business School New York University / HEC Paris, Franc / McGill, Montreal, Canada / Columbia University, US / University of Luxembourg / FU Berlin, Germany / Glasgow Caledonian University, Scotland / Bocconi University, Italy / Asian Institute of Technology, Thailand / Financial University Moscow / Russia May Ushiyama Academy / Hollywood Graduate School of Beauty Business

【 ユヌス博士のAcademiaへの期待 】
ソーシャル・ビジネスにおける教育・研究機関の役割について、ユヌス博士は主に次の3点を期待として述べています。
(1)マイクロクレジットやソーシャル・ビジネスの定義や概念に関する誤解を取り除くこと
(2)ソーシャル・ビジネスの考え方を長期的により持続可能にするための多様なモデルを示すこと
(3)次世代を担う世界中の若者に対して、正しい方向でソーシャル・ビジネスに関する教育やトレーニングを提供し、社会問題解決のための処方箋を提示すること
出典: Pre-Meeting of GSBS Academia Conference(29 May,2015@Yunus Centre)におけるユヌス博士のOpening Remarksより引用
さらに、既存のあらゆる学問領域においてソーシャル・ビジネスとの接点を見出し、教育研究にとどまらず、社会問題解決のための実践と結び付けていくことを目指して、世界中の各国の教育・研究機関に自律的な運営によるChapter(支部)を設置する構想です。
毎年各都市で開催されるGlobal Social Business SummitのAcademia Conferenceにおいて、各Chapterの活動や教育・研究の成果を報告することが予定されています。

3.Social Business Academia Conference
 ユヌス博士の構想や機運の高まりを受けて、ユヌス博士とともにドイツのThe Grameen Creative Lab が主催するGlobal Social Business Summit において2013年より毎年、上記のアカデミア・ネットワークを構成する世界中の教育・研究機関が参加するAcademia Conferenceが開催されています。Academia Conferenceでは、研究論文の発表やディスカッション、分科会が行われ、学術的な議論の蓄積がされています。
毎年Global Social Business Summitより先立ってバングラデシュで開催されるSocial Business Dayでは、Pre-Academia Conferenceも開催されるようになっています。

4.関連組織
(1)Yunus Centre  設立:2006年(バングラデシュ)  
2006年のユヌス博士とグラミン銀行のノーベル平和賞受賞をきっかけに増加した、世界中からの問い合わせやリクエストに対応するための事務局を前身とするリソースセンター。
ユヌス・ソーシャル・ビジネスの普及、ソーシャル・ビジネスの起業支援、会議・イベントの開催国際的ネットワークの構築、ユヌス博士の活動に関する情報発信・アーカイブ、グラミン関連企業の情報発信・コーディネート、研究・出版・学術プログラムの展開を行います。
(2)The Grameen Creative Lab 設立:2007年(ドイツ)   
2007年からユヌス博士のクリエイティブ・アドバイザーを務めるハンス・ライツ氏がユヌス博士と共同設立した組織。世界規模でユヌス・ソーシャル・ビジネスを普及し、そのコンサルティングやプロジェクトの実施を行っています。
2009年からGlobal Social Business Summit(GSBS)を各都市で開催し、関連するプログラムとしてAcademia Conferenceを実施、2014年にはグローバル・アカデミア・ネットワークに参加する教育・研究機関の活動をまとめたAcademia Reportを出版しました。

SBRCメンバー

センター長:星野 裕志(ほしの ひろし)

九州大学大学院 経済学研究院教授、神戸大学 海事科学部客員教授

HP:http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K000508/index.html

【専門】国際経営、国際ロジスティクス

【担当】ソーシャル・アントレプレナーの研究

【略歴】

慶應義塾大学法学部政治学科卒業。米国ジョージタウン大学経営大学院修了(MBA)。 日本郵船(株)、神戸大学経営学部・経済経営研究所助教授を経て、2003年より現職。 国土交通省・九州経済産業局・兵庫県・福岡県・福岡市などの各種委員会委員、市民活動など幅広い活動に従事。 所属学会は、日本海運経済学会(常任理事)、国際ビジネス研究学会(理事)、多国籍企業研究学会(理事)。

 

エグゼクティブ・ディレクター:岡田 昌治(おかだ まさはる)

九州大学 SBRC 学術研究員

【専門】契約実務、国際法務、インキュベーション

【担当】SBRCマネジメント、ソーシャル・ビジネスのインキュベーション

【略歴】

東京大学法学部卒業後、79年電電公社に入社。NTTグループ、特に米国子会社のNTTアメリカ(NY)、インターネット・ビジネスのNTTーXなどにおいて国際法務を中心に幅広くNTTの国際ビジネスを担当。ワシントン大学(シアトル)経営学修士号(85)・ニューヨーク州弁護士資格(95)取得。2001年NTT退職後、2002年10月より九州大学法科大学院にて「契約実務」、「インターネットと法」、「国際企業法務」等の講座を担当するとともに、知的財産本部において産学官連携の推進に携わる。2008年より、ノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌス博士とソーシャル・ビジネス推進のための国内外のプロジェクトを担当する。2015年4月より現職。

 

協力教員:アハメッド・アシル

九州大学大学院 システム情報科学研究院准教授

Grameen Communicationsプロジェクトディレクター

HP:http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K003912/social.html

【専門】情報通信、途上国における社会情報基盤構築に関する研究開発

【担当】ICTを活用した途上国でのソーシャル・ビジネスの実体的研究

【略歴】

東北大学電気通信研究所客員研究員、日本アバイア研究所、NTTコミュニケーションズ先端IPアーキテクチャセンター、 九州大学次世代研究スーパースター養成プログラム・SSP研究員を経て2011年4月より現職。

 

九州大学 SBRC 運営委員会

SBRCセンター長・経済学研究院 教授 星野 裕志

理事・副学長 若山 正人

芸術工学研究院 教授 井上 滋樹

言語文化研究院 准教授 鈴木 隆子

経済学研究院長 教授 岩田 健治

システム情報科学研究院長 教授 白谷 正治

農学研究院長・教授 福田 晋

SBRC特任教授 岡田 昌治

システム情報科学研究院 准教授 アハメッド・アシル

産学官連携推進課長 森 良徳

(C) 2018 SBRC . All right reserved.