日本語 English
YUNUS&SHIKI SOCIAL BUSINESS RESEARCH CENTER

タイ、マレーシア、台湾、日本 アジアユヌスセンター協働プロジェクト Social Business Forum Asiaを開催(10/27)

タイ、マレーシア、台湾、日本 アジアユヌスセンター協働プロジェクト Social Business Forum Asiaを開催(10/27)

タイ、マレーシア、台湾、日本のユヌスセンターが主催するソーシャルビジネスコンテストの優勝チームが一堂に会するSocial Business Forum Asiaを開催しました。

タイのチームGreenseryはプラスチックでなく、植物性ゴムバックを使用することで環境への負荷をへらし、農家の収穫量を増やす農業用ポットを開発し、プロトタイプを作りました。
マレーシアのチームKeriyaは「ホームレス」ではなく「ストリートフレンド」として一緒に仕事をしていくビジネスモデルを立ち上げました。

台湾のチームIMPACKERはバックパッカーを農村部に案内し、ローカルな住民や若い世代と異文化交流を生み出すマッチングプラットフォーム。

そして日本代表の株式会社数寄屋は、絶滅危惧の鳥をモチーフにした刺繍を使い、障がいのある方や小さなお子さんのいる母親が商品を製作し販売する利益で、動物保護の団体をサポートするプランを発表しました。
地域に特化した課題、そして万国共通の課題。何のためにやるのか?誰が顧客か?なぜそのサービスが選ばれるのか?どうやって収益を上げるのか?どれも目の前の問題解決に向き合うことで、グローバルなインパクトを与えるビジネスモデルでした。

また後半は各国のユヌスセンターの代表が、具体的な取り組みや実績などをまじえながら、今後アジアにおけるユヌスソーシャルビジネス拡大のためのブランディング、戦略をディスカッション。未来への胎動を感じるフォーラムとなりました。

日 時:平成30年10月27日(土)14:00~19:00
会 場:法政大学 外濠校舎6F 薩埵(さった)ホール  東京都千代田区富士見2-17-1
主 催:九州大学ユヌス&椎木ソーシャル・ビジネス研究センター(SBRC) 
後 援:タイアジア工科大学院ユヌスセンター、台湾国立中央大学ユヌスセンター マレーシアmyHarapan、オーストラリア ラトローブ大学ユヌスセンター、一般社団法人ソーシャル・ビジネス・アカデミア・ネットワーク、福岡地域戦略推進協議会、株式会社ボーダレス・ジャパン
協力 : 法政大学 キャリアデザイン学部 田中研之輔クラス

 

【プログラム】
14:00~14:05   オープニング 挨拶 星野裕志(九州大学SBRCセンター長)
14:05 ~ 14:10 挨拶 法政大学 キャリアデザイン学部 教授 田中研之輔氏
14:10 ~ 14:15 ユヌス博士ビデオメッセージ
14:15 ~ 15:00 講話「ユヌス・ソーシャル・ビジネスとは」 九州大学SBRC 岡田昌治
15:00 ~ 15:25   日本代表
15:30 ~ 15:55   タイ代表
~休憩(15分間)~
16:10 〜 16:35   台湾代表
16:40 〜 17:05   マレーシア代表
〜休憩(15分間)〜
17:20 〜 18:50   パネルディスカッション
テーマ:アジアのユヌスソーシャルビジネスネットワーク
タイ・台湾・日本で活動する3つのユヌスセンターと、マレーシアで活動する若者向けの支援団体らが、これまで取り組んできた活動や今後の取り組みを紹介する。
登壇者: Mr. Jutiwat Sangiamsakdikorn (アジア工科大学院 ユヌスセンター ナショナルプログラムリエゾンマネージャー)
     Chien-wen Mark Shen(台湾国立中央大学 ユヌスセンター ディレクター)
              Nurfarini Daing (マレーシア myHarapan CEO) 
              岡田 昌治 (九州大学SBRC エグゼクティブディレクター)
モデレーター:法政大学 キャリアデザイン学部 教授 田中研之輔氏
18:50 〜 19:00 クロージング

 

(C) 2018 SBRC . All right reserved.