日本語 English
YUNUS&SHIKI SOCIAL BUSINESS RESEARCH CENTER

新興国アントレプレナーシップ タイ フィールドスタディ(8月26日~9月3日)

新興国アントレプレナーシップ タイ フィールドスタディ(8月26日~9月3日)

 

 

 

 

 

 

 

826日~93日の9日間にわたって、SBRC主催・新興国アントレプレナーシップ講義のフィールドスタディでタイを訪れました。

Asian Institute Of Technology (AIT)のユヌスセンターと共同で実施したこのフィールドスタディは、社会問題とその土地ならではの知恵を理解し、技術やビジネスのアプローチを通じて問題を解決する理論と実践を結びつけることを目的としています。医学、農業、経済など様々なバックグラウンドをもった九州大学の15人の学生が「母子保健」「パブリックヘルス」「LGBT」「環境」の4つのグループに分かれ、市場の労働者を対象にしたマイクロクレジット銀行、火事をきっかけに緑化やリサイクルなどの取組を行ったスラム、独自の浄水システムを持つモン族のコミュニティ、独立した保育園経営やヘルスケアを行うコミュニティなど、バンコク周辺の6つコミュニティへの現地調査を行いました。

そのほかにもJICA、大使館を訪問し、日本からみたタイの抱える課題(高齢化へ進むスピードが速い、少子化、交通渋滞、洪水対策など)、タイ政府から日本政府へ期待する点(高齢者介護に関する制度や技術の輸入)を伺うことができました。またタイ国内の著名な公衆衛生や環境問題、メディカルツアリズムの専門家から講義を受ける機会や、Tammasat大学の学生と交流する機会にも恵まれました。

最終日にはそれぞれのグループがビジネスプランをプレゼンテーションし、学びの成果を共有しました。プランは日本に持ち帰ったあとも11月の講義に向けてさらに充実していく予定です。

(C) 2017 SBRC . All right reserved.